「独身証明書」取得とサポート内容について

東京の新宿にある結婚相談所「婚活サロンmarriage pro(マリッジプロ)」です。

今回は「独身証明書」について解説します。

独身証明書とは

民法732条の「重婚の禁止」の規定に抵触しないことを証明する書類です。請求者本人が独身であることを証明するため、国内の結婚情報サービス・結婚相談業者に提出する証明書です。

戸籍のある市区町村(本籍地)の役所で取得することが可能です。
結婚相談所の入会時には必ず発行から3ヶ月以内の「独身証明書」原本の提出が必要です。

最近では免許証が本籍地の記載省略になり、本籍地を知らないという方もいるので、結婚相談所に入会検討をしている方は本籍地の把握を忘れないようにして下さい。

ご実家が本籍地という方もいれば、親御様のご実家が本籍地になっている方もいるので確認が必要ですね。

本籍地が遠方で忙しくて役所に行けません。

役所の人に「婚活者」と思われるのが恥ずかしいです。

独身証明書は郵送での取得が出来ます!

独身証明書を郵送で取得する方法

準備するもの
1免許証などの本人確認書類コピー
2封筒2通
3切手84円2枚
※プリンター環境

①申請書の準備
「戸籍のある市区町村 独身証明書」で検索して申請書をプリントアウトして記入しましょう。

②返信用封筒作成
自身の住所に届くよう、返信用封筒の宛名に自分の住所と名前を記入し切手を貼りましょう。

③送付用封筒作成
戸籍のある市区町村の役場に届くよう役所住所を記入して、封筒を作成し切手を貼りましょう。①の申請書②の返信用封筒、1の免許証などの本人確認書類コピーの3点を同封し郵送して完了です!

送付から1週間程度で家に届きます。

急いでいる方は送付と返信用の切手を「速達」で郵送すると早く届きます。封筒に「速達」と記載するのも忘れないでくださいね!

「独身証明」取得サポート

私たち婚活サロンmarriage proでは入会時に郵送で取得を希望される方に1申請書2切手3封筒の3点を準備しています。(※要切手代)免許証のコピーも弊社で出来ます。

第三者が取得する場合には「委任状」が必要になりますのでご注意ください!以前所属していた相談所で「カウンセラーが取得した」という方がいましたが、委任状を書いていない場合はダメです。必ず直筆での申請が必要です!

カウンセラー(第三者)が代筆で申請することは法律で認められていません。

弊社は準備まではしますが、必ずご本人様に記入して頂いています。

独身証明書の認知が広まってきている今だからこそ、改めて正しい知識で取得しましょう!

入会前「無料相談」はこちら!
※来店でもオンラインでも地方でもOK

同世代カウンセラーが親身に話を聞いて、アドバイスをします。
しつこい営業や、強引な勧誘は一切ないので安心してください!
電話予約は03-6403-0218

友だち追加